大井競馬場ダート1200mの特徴!データ傾向から有利な馬予想

大井競馬場ダート1200mは、大井で最もたくさん開催される距離です。
このコースでは東京盃や東京スプリント、ゴールドジュニア、優駿スプリント、アフター5スター賞といった重賞レースが組まれています。

大井競馬の予想は地方競馬場の中で1番難しいと言われますが、だからこそ大井1200mの特徴を掴めば、プラス回収に持ち込みやすくなります。

このページでは、大井競馬場ダート1200mの傾向を様々なデータをもとに解析しています。
有利な枠や脚質、人気などをご覧ください。

コースの特徴

大井競馬場ダート1200mのコースは、向正面の2コーナー付近からスタートします。
外回りなので直線の長さはゴールまで386m。

意外と1番人気の馬が好走しており回収率も高く、脚質に関してはやはり逃げ馬が有利です。
データ的に見ても、後ろから行く馬にとってはかなり厳しく、ある程度前目にいる必要があるでしょう。

1200mのデータ傾向を押さえれば、おのずと有利な馬がわかってくるはずです。

大井競馬場1200mの人気別傾向

人気 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 39.50% 59.00% 69.90% 84.70% 89.10%
2 18.40% 36.80% 47.80% 78.10% 73.40%
3 12.40% 26.80% 39.50% 80.30% 75.00%
4 9.10% 21.40% 33.90% 76.00% 75.50%
5 6.20% 16.10% 27.10% 74.90% 76.10%
6 3.00% 10.10% 18.60% 49.30% 65.20%
7 3.50% 9.00% 17.20% 75.40% 75.90%
8 2.70% 5.90% 11.30% 83.30% 65.50%
9 1.40% 4.90% 10.20% 50.00% 70.50%
10 1.80% 3.90% 8.80% 77.40% 81.60%
11 1.00% 3.00% 5.60% 68.00% 65.30%
12 0.70% 2.30% 4.90% 46.50% 69.00%
13 0.70% 1.90% 3.70% 64.80% 69.00%
14 0.40% 1.00% 2.60% 55.80% 66.60%
15 0.10% 1.40% 2.90% 6.90% 87.60%
16 0.20% 1.20% 2.00% 35.10% 79.20%

大井競馬場1200mの特徴と言えば、いかにも荒れやすくて1番人気の回収率が悪いイメージですが、そうではありません。
実際は1番人気の単勝回収率が84%、複勝が89%と、控除率のことを考えるとかなり優秀です。
他の競馬場でも1番人気の回収率がこれほど優れているところは少ないでしょう。

やはり人気の順に勝率が低くなっていく感じで、連対率や複勝率も同じです。
ちなみに1番人気の複勝率は70%に迫る勢いなので、軸馬選びの際にはおすすめです。

人気順と勝率などを比較すると、~5番人気と6番人気~にボーダーラインがあるように見えます。

大井競馬場1200mの枠番別傾向

枠番 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 8.10% 15.30% 24.10% 63.30% 73.90%
2 7.80% 16.50% 24.10% 74.90% 84.20%
3 7.10% 15.30% 23.00% 54.40% 78.40%
4 8.00% 15.00% 21.30% 65.30% 67.90%
5 7.40% 14.20% 21.60% 64.80% 73.40%
6 7.30% 15.30% 21.70% 73.60% 78.20%
7 6.70% 14.20% 21.50% 57.40% 66.60%
8 7.30% 13.80% 20.60% 83.80% 69.30%

大井1200mは、勝率は内側が有利な傾向で、単勝回収率は8枠以外はほぼ同じ、複勝回収率は内枠の方が高くなっています。

勝率や連対率、複勝率は外枠の方が若干低いので、軸馬選びの際には要注意です。
例えば3連複の軸馬を選ぶ際には、1枠や2枠の馬を選択すべきというのが特徴です。

大井競馬場1200mの脚質別傾向

脚質 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 23.20% 38.70% 49.00% 175.90% 134.00%
先行 10.80% 22.10% 32.10% 84.90% 94.70%
差し 3.50% 9.10% 16.10% 44.80% 66.30%
追込 1.10% 2.70% 5.60% 22.30% 27.30%

大井競馬場全てのレースの逃げ馬の平均回収率と1200mのものを比較すると、1200mの方が少し回収率が高いです。
やはり短距離戦なので良い結果が生まれたのでしょう。

ちなみに先行馬の回収率は単勝が84%、複勝が94%です。

逃げ馬と先行馬に比べて、差し馬や追い込み馬の成績は悪く、追い込みに関しては複勝率でも5%台です。