【攻略】トリプル馬単をAI指数で予想

中央競馬だけで馬券を買っている方は意外と知らないようですが、地方競馬には「トリプル馬単」という馬券があります。

このページではトリプル馬単の特徴や詳細、予想のコツやAI指数の活用方法について紹介します。

1/31「勝負レース」川崎11R・川崎12R・高知5R

3R分の【指数+買い目
490円(通常660円
しばらくの間割引価格で販売いたします!

※1レース目の発走時間は16:10

1/30は、3R中2R的中!
川崎9Rは、3連単など、買い目提示した全券種的中

1/29は、4R中1R的中!
東京11Rは、3連単など、買い目提示した全券種的中

1/28は、4R中1R的中!

1/27は、3R中3R的中
3,570円・2,720円など!

1/26は、4R中2R的中で、
4,760円・2,680円などをゲットです!

1/25は、勝負レース投稿時点(18:53)で、3R中2R的中
大井11Rは、3連単など、買い目提示した全券種的中

1/24は、3R中2R的中
大井9Rは、3連単(3,190円)など、買い目提示した全券種的中!
(降雪中止で高知7Rが中止で、翌日に代替予想を)

1/23は、4R中1R的中!
大井10Rは、3連単(4,470円)など、買い目提示した全券種的中

1/22は、4R中2R的中!
東海S・豊前Sが当たり

1/21は、4R中2R的中!
3,280円など!

1/19は、4R中1R的中!
船橋11Rで馬単6,400円・馬連3,200円を的中!

1/18は、4R中2R的中!
9番人気軸で、18,530円・8,150円的中!

1/17は、4R中1R的中!

1/16は、4R中2R的中!

1/15は、4R中1R的中!
4,500円など

1/14は、4R中3R的中!
5,500円・3,330円・3,270円など的中!

これより以前も高額配当が多数的中しています!

トリプル馬単の特徴

トリプル馬単の買い方は?どこで買えるの?

トリプル馬単は高額当選が頻繁に出ることでも知られていますが、買い方については謎な部分もあります。

競馬場では購入することができず、インターネットでのみ買うことが可能です。
しかも「SPAT4」のみに限られているので、トリプル馬単を購入するにはSPAT4に登録する必要があります

地方競馬の馬券を販売しているネットサービスは

・SPAT4
・楽天競馬
・オッズパーク

があります。

SPAT4にログインし入金を行い、あとはトリプル馬単コーナーで買うだけです。

しかも「セレクト」「ランダム」「一部ランダム」と3種類の買い方があるので、初心者の方にもおすすめです。

対象の競馬場は

トリプル馬単は全国各地の地方競馬場が対象ではありません。

・大井競馬場
・川崎競馬場
・船橋競馬場
・浦和競馬場
・門別競馬場

↑のように、南関東競馬の4つの競馬場とあとは門別競馬場がトリプル馬単の対象です。

トリプル馬単の控除率は?

トリプル馬単の控除率は、「30%」です。

この控除率はJRAで販売されているWIN5と同じですし、オッズパークで販売されている「5重勝単勝式」「7重勝単勝式」とも同一です。

平均の払戻金は?過去最高は?

トリプル馬単の平均の払戻金はおよそ400万円だと言われています。
2018年頃のデータなので多少の変動はあると思いますが。
この数字は最低購入金額の50円に対する払戻金なので、一般的な馬券の最低購入金額100円で考えると、800万円に相当します。

夢のような金額なので、中央競馬のWin5みたいですね。

そして気になる過去最高の払戻金は、50円あたり2億2813万165円です。
まさに桁違いの金額ですし、歴代2位の払戻金は、1億5056万3990円です。

トリプル馬単の予想のコツ

トリプル馬単は「3レースの馬単を的中させる」というものなので、一見すると当たりそうですよね。
でも実際に試してみるとなかなか当たりません。
当然かなりの点数を購入すると的中しやすくなるものの、そういう時に限って低配当…ということも。
1点につき最低購入金額が50円で、それ以上は10円ずつ購入できるというルールを見ても、この馬券の難しさが分かります。

ここではトリプル馬単の予想のコツや知っておきたい知識を紹介します。

AI指数を有効活用する

自分で購入する買い目を選んでいると、あれもこれもという状況になってしまい大変です。
特に頭数の多い大井競馬の場合はなおさら。

そんなときに活躍してくれるのが、AI指数です。
指数をもとに買い目の組み立てを行えば、機械的に選出ができるので、迷いにくくなるでしょう。

指数だけを参考にするのも良いですし、自分の予想をベースにして迷った時にAI指数を活用してみる、というのもおすすめの方法です。

このブログで紹介しているAI指数GANKOは南関東競馬にも対応しており、これまでに数多くの万馬券を的中させてきました。
3連単にも強みを発揮しているので、当然馬単も問題ないでしょう。

データに基づく予想というのも、トリプル馬単の購入において重要かもしれません。

トリプル馬単は機械的に選ぶことも重要

↑と少しかぶりますが、自分で買い目を選ぶと収拾がつかなくなり、買い目がどんどん増えます。

それにトリプル馬単が販売されるのは圧倒的に平日が多いため、予想に多くの時間を割けませんよね。

馬柱を見ることなく機械的に馬を選び、トリプル馬単を購入してみてはいかがでしょうか。

自信がない時は買わないことも大切

自分で予想する場合、「今日は自信がないな…」ということもあるはずです。
そんな時には購入しない方が良いでしょう。

トリプル馬単は普通の馬券よりも必要金額が多くなってしまいがちなので、自信があるときや↓で紹介するキャリーオーバーが出た時だけ購入するようにしたいです。

キャリーオーバー発生時がおすすめ

すでに紹介したように、トリプル馬単の控除率は30%です。

普通に考えると買い続けると30%分のお金が飛んでいってしまいます。

しかしキャリーオーバーが発生しているときは上乗せされるので、実質的に控除率が30%ではなくなりますし、期待値が100%を超えることもあるでしょう

当たるか外れるかは分かりませんが、期待値から考えるとキャリーオーバー発生時だけ参加するというのもアリでしょう。

まとめ

ここではトリプル馬単の詳細や攻略方法について紹介しました。

トリプル馬単の予想や一般的な馬券の予想を行うときに「AI指数GANKO」が活躍してくれると思います。

ほぼ全てのレースの指数情報を無料で掲載していて、勝負レースに関してもほぼ毎日的中しています。

楽しく、そして馬券で儲けられるように、上手に活用してくださいね。