川崎競馬場ダート900mの特徴!有利な馬をデータ傾向から探る

川崎競馬場ダート900mは、スピード自慢が多数出走するコースです。
JRAのレースの距離は最短でも1000mなので900mと聞くと短く感じますよね。
だからこそ予想をする際にはヒントが大切になってきますが、データ傾向を調査すれば川崎900mの特徴がかなり分かります。
有利であろう馬を選べば、的中する可能性やプラス収支になる可能性も高まるでしょう。

コースの特徴

スタートしてから最初のコーナーまでの距離はそこそこ長く、3コーナーと4コーナーを一度ずつまわればすぐにゴール。

逃げ馬の好走率の高さは他の距離とは比較にならず、有利な枠は1枠と8枠です。

単複共に回収率が100%越えの種牡馬は出走母数が多い種牡馬の中からは見つけることができません。
母数が少ないですが、ノボジャック、ヴィットリオドーロ産駒がこのコースが得意なので見かけた場合は注目してください。

出走母数が多い馬の中で勝率が高いのは、サウスヴィグラスやキンシャサノキセキです。

川崎競馬場900mの人気別特徴

人気 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 44.50% 66.50% 76.70% 81.70% 90.60%
2 19.30% 42.40% 57.40% 70.70% 81.00%
3 13.30% 31.20% 44.30% 74.70% 76.60%
4 9.30% 20.80% 33.60% 81.40% 71.30%
5 6.00% 14.40% 25.30% 70.40% 66.40%
6 3.90% 10.60% 18.30% 73.60% 62.90%
7 2.50% 7.00% 13.50% 55.60% 59.90%
8 0.60% 3.80% 10.20% 13.50% 59.10%
9 1.10% 2.80% 6.10% 40.00% 48.70%
10 0.50% 2.10% 5.10% 23.40% 60.70%
11 0.00% 1.40% 2.80% 0.00% 46.70%
12 0.00% 0.00% 1.20% 0.00% 34.10%

1番人気の信頼度は比較的高く、勝率は44%台、複勝率は76%を超えます。
単勝回収率は81%程度、そして複勝回収率は90%を超えます。
川崎900mにおいて1番人気馬は軸としては最適かもしれません。

基本的に人気が下がると勝率などもそれに準じて下がりますが、それにしても特に8番人気以降の勝率の低さには驚きます。

川崎競馬場900mの枠番別傾向

枠番 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 11.20% 23.00% 33.30% 59.60% 74.30%
2 9.20% 19.30% 27.70% 55.10% 63.00%
3 11.30% 21.00% 27.40% 47.50% 56.10%
4 10.20% 19.30% 27.00% 44.90% 58.20%
5 7.20% 15.80% 24.80% 48.10% 67.30%
6 10.20% 18.70% 27.20% 52.60% 65.90%
7 10.00% 19.40% 27.50% 57.50% 66.10%
8 8.80% 19.20% 27.70% 63.20% 70.20%

枠による有利不利は、他の距離に比べると少ないです。
勝率や連対率、複勝率の高さは少しだけ1枠の数値が高く、回収率に関しても全枠の中でもトップクラスです。

ちなみに勝率や連対率は高くありませんが、単複の回収率が他の枠よりも優秀なのが8枠です。

ですから1枠と8枠が、川崎ダート900mにおいてデータ的に有利というわけですね。

川崎競馬場900mの脚質別特徴

脚質 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 30.60% 49.30% 62.40% 153.10% 135.90%
先行 11.30% 25.00% 37.00% 74.50% 88.40%
差し 3.20% 9.90% 17.40% 17.70% 44.90%
追込 1.00% 3.20% 5.20% 8.50% 16.20%

川崎競馬場900mの脚質は、大方の予想通り前に行く馬が圧倒的に有利です。
短距離なので特に出遅れる馬かどうかのチェックは必須ですね。

逃げ馬の勝率はおよそ30%で、連対率は50%弱、複勝率は62%超えです。
当然単勝も複勝も回収率は100%を余裕で超えていて、このコースが舞台のレースであれば逃げ馬を無視するわけにはいきません。

先行馬はそこそこの成績を収めていますが、差し馬や追い込み馬は、勝率や回収率も相当低くなり、特に追い込み馬は勝負になりません。