川崎競馬場ダート1600mの特徴!データ傾向から有利な条件を発見

川崎競馬場ダート1600mは、この競馬場の中では比較的長い距離に分類されます。
ですから1600mの経験がない馬が突然出走することも多々あり、距離延長に対応できるかどうかも要チェックです。

人気別の有利不利など、様々な特徴を把握しておきましょう。
このページでは徹底的にデータ検証を行って、傾向を見極めています。

コースの特徴

川崎競馬場ダート1600mのコースは少々特殊で、第4コーナーのポケット地点からのスタートとなります。
スタートしてから直線を走りゴール板前を通過し、もう一周ぐるっと回るというコースです。
施行レースすは900mよりもう少し少ない程度で、川崎競馬の距離の中で4番目に多く施行される距離です。

1番人気の信頼度はそれほど高くはありませんが、回収率自体は及第点です。

脚質の特徴としては、逃げ馬の勝率の低さが挙げられるものの、回収率は比較的高いです。

川崎競馬場1600mの人気別傾向

人気 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 37.80% 57.60% 68.00% 84.20% 86.80%
2 19.40% 37.80% 50.50% 80.50% 77.90%
3 12.90% 28.60% 41.70% 80.50% 76.30%
4 9.40% 20.70% 29.70% 78.20% 64.50%
5 5.50% 12.40% 26.00% 61.60% 69.20%
6 4.90% 13.20% 24.80% 76.50% 87.40%
7 5.00% 10.10% 18.20% 119.30% 80.20%
8 2.90% 7.00% 13.70% 112.30% 75.50%
9 1.30% 9.10% 15.00% 56.70% 115.10%
10 1.90% 4.20% 7.20% 97.30% 65.00%
11 0.00% 0.90% 4.30% 0.00% 62.30%
12 0.40% 1.50% 3.00% 23.40% 47.90%
13 0.00% 0.00% 0.90% 0.00% 18.20%
14 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%

1番人気の勝率は川崎競馬場の他の距離と比べても低いですが、単勝と複勝の回収率はそれぞれ84%と86%くらいです。
1番人気の回収率としてはそれほど悪くはないでしょう。

この回収率に匹敵しそうなのが、単勝が119%、複勝が80%の7番人気でしょうか。

やはり勝率は8番人気から一気に下がります。

川崎競馬場1600mの枠番別傾向

枠番 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 8.90% 18.90% 29.10% 56.00% 82.80%
2 8.60% 20.40% 28.80% 75.50% 78.10%
3 7.40% 16.20% 24.40% 64.80% 73.70%
4 9.20% 17.80% 26.30% 61.20% 73.10%
5 7.90% 16.60% 24.20% 94.10% 72.90%
6 8.60% 16.90% 24.50% 68.70% 72.00%
7 7.60% 13.60% 22.60% 55.60% 66.40%
8 9.70% 17.30% 23.90% 81.00% 67.00%

枠の有利不利は、想像以上にありそうです。

回収率は5枠の単勝が94%越えと抜けており、その他は良くても80%台です。

勝率は1枠を除いて奇数枠が少々低く、逆に偶数枠は最低でも8%以上あります。
複勝率を見てみると、外枠よりも内枠の方が確率が高く、それは複勝の回収率にも表れています。

川崎競馬場1600mの脚質別特徴

脚質 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 20.40% 34.80% 45.60% 182.60% 121.60%
先行 11.90% 23.90% 33.00% 76.00% 77.00%
差し 5.80% 12.80% 21.70% 52.10% 70.10%
追込 1.90% 5.30% 9.40% 25.70% 39.90%

逃げる馬の勝率は低くて、例えば900mのレースに比べると10%程度数値が下がります。
しかしながら単勝の回収率は182%、複勝回収率は121%を誇っています。

逃げ馬の勝率などが低い分、先行馬などの好走率や回収率に好影響が現れています。
ですが追い込み馬に関しては厳しい…というのが特徴でしょう。